フォード・シエラ

👉 3列シート• 個人的には、既存の外観にとんでもないエンジンが載っている、という構成の方に強く魅かれます。 センターデフロック• 1秒という記録を持ち、当時の世界最速の車としてに掲載された。 DVDナビ• フォードのRS(ラリースポーツ)の場合、このエスコートMk. ランフラットタイヤ• フォーカスRS比で、45ps、2kgmの性能アップを果たした計算だ。

4
世の中には余り知られていないクルマに、偶然スポットライトが当たり、Mk2 RS オーナーの1人として、何か、そのぉ、感慨深いものがありますね。 HID(キセノンライト)• BDAベースではあるが、ヘッド、ブロック、クランク、クランク支持部分構造に至るまで専用設計となっており、パーツ単位の互換性はほとんどない。

フォード・シエラ

☮ さらに、旧態化して排気ガス規制への対応が困難となった「ピント」エンジンに代えて、1988年には1,800ccの新しい「CVH」エンジンが投入され、1989年には2000がDOHC化、1992年には1600も燃料噴射の「CFi」とされた。

4
ルーフレール• 自動駐車システム• 助手席エアバッグ• ちなみに下の2カットはMk. トランスミッションは6速MT。

「フォードのことなんか知らなくても、フォーカスRS500の名が刷り込まれる日」ロボ部長のブログ | 幸せの青い楕円

👎 ダンパーセッティングは2モード• 関連項目 [ ]• フルエアロ• ハイライトは、2. 欧州フォードによると、足回りは、ニュルブルクリンクにおける連続1万kmの走行テストで煮詰められ、ラップタイムは8分台の実力だという。 フルフラットシート• 1リッターとなっている。

かつてのGT-Rもこの範疇のクルマでした。

フォード・エスコートRS/ぼろは着てても心は錦、失礼、クルマはエンジンが命です【自動車型録美術館】第16回

📞 欧米ではにに登場、ドライバーズタイトルは逃したもののマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。 ETC2. レーンアシスト• 翌1987年ヨーロッパ選手権ではグループB規定が有効だったため、RS200は前年と違い活躍を見せ、年間19勝を記録している。

6
発売当初は600万円超のプライスタグが付けられた高級車。 足回りは、ニュルブルクリンクにおける連続1万kmの走行テストで煮詰められ、欧州フォードによると、ラップタイムは8分台の実力だという。

フォード・エスコートRS/ぼろは着てても心は錦、失礼、クルマはエンジンが命です【自動車型録美術館】第16回

🤟 LEDヘッドランプ• 衝突被害軽減システム• オートライト• 《森脇稔》. なお、上級版の「ギア」と1985年に追加されたスポーティーモデルの「XR4i」は専用のフロントグリルと大型のヘッドライトを持っていたが、1987年にはハッチバック車もマイナーチェンジを受け、全てのシエラが「ギア」「XR4i」同様の大型ヘッドライトを持つようになった。 レース活動 [ ] 、まずはテストとして国内ラリー選手権に投入の後、結果を残した上で同年の世界ラリー選手権最終戦への参戦を予定していたが、グループBに参戦の必須条項である、「連続する12ヶ月以内に200台以上の生産をすること」を達成できなかったため、RACラリーの出走はできなかった。 その後も開発を続け、2009年初頭には市場に出まわる予定。

2
ミュージックプレイヤー接続可• 駆動方式は、あえてFFを採用した。

フォード・RS200

👍 サンルーフ• それとも、もしかすると他ならぬ永山さん自身がルパルナスで車を購入され、番組スタッフに店を紹介したとも考えられますね。 ステアリングも、正確なフィードバックを得られるよう専用チューン。

駆動方式は軽量化を目的に、先代のフルタイム4WDからFFへ変更。 DVD再生 AV機器• 後席モニター オーディオ• スマートキー• オーバーフェンダーが目を引くフロントとリアのクォーターパネルは、幅広いタイヤを収めるべくワイドに作り直されたもの。

フォード・エスコートRS/ぼろは着てても心は錦、失礼、クルマはエンジンが命です【自動車型録美術館】第16回

🖐 当時の日本にも5ドア2. タイヤ:「ミシュラン・パイロットスポーツカップ2」or「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」• 他に同様の車としてがあるが、デザイン自体は・がベースであることを考えると、RS200は市販車と名称やデザインに一切の関連性がない唯一のグループBカーといってよい。 デザイン [ ] オーソドックスな3ボックスセダンであった従来の・を見慣れた人々の眼には、シエラの空力的なハッチバックデザインは非常に新鮮なものであった。 番組の制作プロダクション関係者が、ネットを漁ってそれを見つけてルパルナスさんにコンタクトしたのか。

8
オートクルーズコントロール• 1985年にはXR4i向けにV6・2,792cc150PS、同じくフルタイムを組み合わせたXR4x4には2,935cc150PSエンジンが追加された。

フォーカス RS(ヨーロッパフォード)の中古車

😝 ボディカラーは、3M社と共同開発したマットブラック。 室内は、カーボン調仕上げとなり、センターコンソールには、限定車を示すシリアルナンバープレートを装着。

車名の通り、F1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによってチューンされたエンジンは、1987年以来使用されてきた、シエラ・コスワースに搭載されていた1993cc直列4気筒DOHC4バルブのコスワースYBTユニットを縦置きに搭載してリリース。

「フォードのことなんか知らなくても、フォーカスRS500の名が刷り込まれる日」ロボ部長のブログ | 幸せの青い楕円

😅 4WD化しないことで、軽めの車体も手に入れた。 「FF車ではいまだかつてない、トラクションの妙味と、かみそりのようにシャープなハンドリングを得た」(リリース)という。

15
オートマチックハイビーム• 全周囲カメラ カーナビ• 「特別でありながら、フォーカスSTとのつながりを感じられるようにした」というRSのエクステリアは、どこを切っても個性的。