JAOSコラボ! クロカン仕様のキャンピングカー「デリカ D:5 クルーズ」

👋 なおバンコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照していただき比較してみてください。 こんな人にオススメ このように、デリカの持つ機動力や安全性能はそのままに、普段は7人が乗れる日常使いもバッチリでありながら、簡単なシート操作でくつろぎ・就寝スペースが出来上がるキャンピングカーとしても使用できるのです。

9
一車種に徹底的にこだわり、デリカ用のオリジナルパーツの製作も手がけています。 ポップアップルーフ 防寒インナー(48,000円)• この記事で紹介しているのはD-Power Packageグレードですが、架装されている装備やつけられるオプションはどれも同じです。

デリカD:5が車中泊仕様に! ポップアップルーフ搭載の「D:POP」誕生。

🖐 シートはノーマル車両の7人乗り・8人乗りをそのまま使用できるので、ご家族やお友達をたくさん載せることもできます。 デジタル電圧計 インバーターとは電気の変換機のことで、炊飯器やノートパソコンといった家電を車内のコンセントにつないで使いたい場合に必要です。 愛知県豊橋市に店舗があり、内装に使う設備や家具は地元東三河の家具職人の技を活かして製作されています。

18
また、8速ATの搭載や燃費の向上など、大幅な変更を受けてより高級な雰囲気と機能面を充実させました。

DELICA D:5 D:POP

🙂 シンクはフタ付きなので、つかわないときはテーブルとして使えます。

1
ポップアップルーフがあるとないとでは車内の快適性がガラッと変わる上に、就寝人数も半分になってしまうので、つけられるならつけることをおすすめします。 維持費がかかるんでしょ? キャンピングカーは日本ではまだ珍しいのでそういった印象を持たれがちなのですが実は乗用車とさほど変わらないです。

JAOSコラボ! クロカン仕様のキャンピングカー「デリカ D:5 クルーズ」

🚀 駆動方式:4WDパートタイム• ただ、それも「見た目せまそうだけど乗ってみたら意外と広かった」という程度。 最初は気づきませんが、クルマの醸し出す雰囲気が、ノーマルとはまったく違います。 ショールームなどで、回転シートを使ってみると、便利に使えることから、オーナーの半数近くが回転シートを装着するといいます。

遮光カーテン6面• 「いつでもキャンプ、どこでも車中泊。 ポップアップ部分の窓(網戸付き)を開放することで風通しが抜群によくなるので、夏のキャンプには大活躍しますね。

DELICA D:5 D:POP

🐝 さらにケイワークスは自社開発のキャンピングカーに と呼ばれる独自開発の次世代型バッテリーシステムを搭載しているのが何よりのウリ。 居住スペースの全体の様子です。

6
三菱・デリカD:5をベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。 6mなので狭い道のきりかえしも簡単に行えます。

DELICA D:5 D:POPは頼りがいある趣味の基地|BE

🌏 電圧計VACモニター(30,000円)• ケイワークスが得意とするリチウムイオンバッテリーでさらに可能性が広がる デリカD:5の魅力をさらに紹介しておくと、「リブボーン」と呼ばれるあばら骨のような堅牢な環状骨格構造のフレームが採用されている。 新車・中古車共に豊富な販売経験を持ったスタッフがお客様にベストなキャンピングカーをご提案致します。 女性でもラクラク運転。

9
この記事を読んだことで、デリカD:5クルーズを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。 年に数回程度の車中泊であればマットを敷くなどの対応で乗り切れますが、もっと頻繁に車中泊をしたい人にはちょっと面倒かもしれませんね。